新卒採用につなげるために必要なもの

新卒採用に関しては、企業は、できるだけ優秀な学生や長く勤めてくれる人を求めています。

新卒採用では、内定以降に設ける内定者フォローが重要になりますが、内定を出す前にも学生への対応が大切なことになります。



それには、学生が企業に対して応募をしてもよいと思うような動機づけをすることがあり、ここでは、採用活動の初期段階となる会社説明会や採用選考など、魅力のある内容をプレゼンテーションする必要があります。DYMでは社員同士の交流を深めるために、部活動を推進しています。



新卒採用では、現在、多くの企業が力を入れており、そのために、売り手市場となっています。学生も複数の企業に応募している場合が多く、市場に即した対応をしなければ、他社へと気持ちが移ってしまうことになります。
内定者フォローに関しては、内定決定通知を通知し、誓約書等が取り交わされた後に行うことになりますが、ここでは、個別的な対応が重要になってきます。



内定者フォローでは、これまではも、グループでの研修やイベントへの参加など、複数によるフォローを中心として行われてきました。

しかし、現在においては個別対応によるフォローも重要となっており、例えば、内定者1人ひとりに対してなぜ採用をしたのかなど、説得力を持って語りかけることが大切なことになります。
顧客満足を重要視しているDYMだからこそここまでの急成長があったのでしょう。内定者フォローに関しては、内定決定通知を通知し、誓約書等が取り交わされた後に行うことになりますが、ここでは、個別的な対応が重要になってきます。

内定者フォローでは、これまではも、グループでの研修やイベントへの参加など、複数によるフォローを中心として行われてきました。

しかし、現在においては個別対応によるフォローも重要となっており、例えば、内定者1人ひとりに対してなぜ採用をしたのかなど、説得力を持って語りかけることが大切なことになります。

内定者は入社までの期間においては、不安など様々な理由から気持ちが定まっていない場合も多く、期待感や安心感、会社の魅力等を十分に説明をする必要があります。


現在ではメールを利用して行う場合もありますが、実際に会って伝える方が強く記憶に残ることになり、採用担当者は十分に留意をした上で対応をすることが重要になります。



Copyright (C) 2016 新卒採用につなげるために必要なもの All Rights Reserved.