遺産相続における分割方法は?

###Site Name###

遺産相続の方法は、原則として死亡した人の意志に従います。

財産は死亡した本人が生前に努力によって築いたものなので、本人の意志に従って分割するのが最も筋が通っていると考えられるからです。

よって、遺言がある場合にはその遺言の内容に従います。生前に誰かと死因贈与の契約を結んでいた場合には、その契約に従って贈与が行われます。
遺言がある場合でも、法定相続人には遺留分の権利が認められています。

すなわち、一定の割合は保証されています。

遺言がない場合には、法定された方法で財産の分割が行われます。
配偶者がいる場合には、配偶者は必ず相続人になります。

子供がいる場合には子供が、子供がいない場合には親が、親もいない場合には兄弟が相続人になります。遺産分割の割合は、配偶者と子供2人の場合なら、配偶者と子供で半分ずつ分けられ、その後に子供2人で均等に分割します。

例えば財産が1000万円の場合、配偶者が半分の500万円を引継ぎ、残りの500万円を子供2人で均等に分割します。すなわち子供は250万円ずつを受け取ります。

遺産相続では死亡した人が所有していたすべての権利義務を包括的に承継します(一身専属的なものは除く)。

そのため、借金がある場合にはその債務も、連帯保証人になっている場合には連帯保証人としても義務もそのまま承継します。


借金のほうが大きい場合や、連帯保証人としてのリスクを引継ぎたくないという場合には、3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をすることで権利を放棄することもできます。
相続発生時に遺産がある場合、後日財産の名義を引き継ぐ人のものに変更する必要があります。
預貯金の場合には口座がある金融機関。

土地や家屋などの不動産は法務局。


株券などは証券会社あるいは信託銀行において名義変更手続きを行います。


この際、だれがその財産を引き継ぐかを証明する書類が必要となります。

遺言が存在する場合には遺言に記されている内容のとおりに分配されることになりますので、遺言書を提出することにより名義変更が可能となります。しかし、遺言が無い場合には話し合いによって遺産の分配割合を決めていくことになります。この話し合いを遺産分割協議と言います。


遺産分割協議は相続人全員が集まって行う必要があり、協議が成立した際には協議内容を証明する『遺産分割協議書』を作成します。

この協議書が相続証明書類となります。

協議書作成のためには協議自体が成立必要がありますが、相続人同士の意思が噛み合わない場合には協議が思うようにまとまらない、あるいは話し合いすら始めることが出来ない状況となるケースもあります。

しかし遺産分割協議が成立しなければ前述したように協議書を作成することは出来ませんし、関係者全員の印鑑証明書が揃いませんので遺産の名義変更は不可能となってしまいます。

もし遺産の名義変更を行いたいのであれば何が何でも協議を成立させる必要があります。

最悪、当事者間での協議が不可能な場合には家庭裁判所に話し合いを持ち込む(調停)も可能です。
遺産の名義変更を行う機関(法務局、金融機関など)では、とにかく遺産分割協議が行われた証明と相続人全員の印鑑証明を重要視するのです。

親族が亡くなった場合には、遺産を引き継ぐ権利が発生する場合があります。



もし、遺言が残されていれば、遺言の内容通りに遺産が分配されますが、遺言が残されていなければ、法定相続人が全員参加して遺産分割協議を行う必要があります。

遺産分割協議とは、誰がどの遺産をどれだけ引き継ぐかと言うことを話し合いで決めることです。
全員の同意がなければ協議は成立しませんので、協議を始める前には必ず戸籍を取り寄せて、遺産を引き継ぐ権利が誰にあるのかと言うことを明確にする必要があります。養子縁組をしたことを知らなかった為に、遺産を引き継ぐ権利を持っている養子を遺産分割協議に含めなかった場合は、その協議は不成立となります。
民法によって誰がどれだけの遺産を引き継ぐことが出来るかと言うことは決められておりますが、必ずしもその通りに分配する必要はありません。

全員の承諾を得られれば、どのような方法でも分配可能です。

また、現預金などは比較的容易に分配することが可能ですが、不動産などは複数の相続人で引き継ぐことはあまり好ましくありませんので、遺産分割協議によって誰が引き継ぐかと言うことを決める必要があります。

なぜ不動産が複数の相続人で引き継ぐことが好ましくないのかと言いますと、将来的に不動産を売却したりする際に所有者全員の承諾を必要とするからです。そうなると手間がかかりますし、中には売却を反対する人も出て来る可能性もありますので、トラブルを避ける為にあらかじめ一人の相続人が引き継ぐようにします。

遺産相続についてはさまざまな問題が発生しいろいろなパターンがあります。


たとえば、姉は私立大学に行き留学までさせてもらったけど、自分は短大で留学もしていないからその分、遺産分割では多く配分してもらいたいと主張することもあるのです。
これは難しい問題ですが、相続の前に受けた経済的利益は特別受益といって生前贈与よみなされ、遺産分割のときに調整させるケースもあります。

ただし、学資援助や学校に行くための仕送りなどはその範疇に入らないというのが主流です。

そのため、遺産分割で特別な配慮をうけることがほとんどありません。兄弟間で以前から不公平感を持っている人がいる場合は、相続の際にトラブルになりやすい傾向にあります。
遺産分割調停にまでもつれてしまった場合、生まれたときからのいろいろな積み重ねが吹き返すケースが多く、親との距離感の違いでもめるケースが多いです。

これは気持ちの問題で遺産の額の問題ではないため、誰にでも起こり得ることです。延々ともめるのを防ぐためには、やはり生前に対策を打っておく必要があります。

そのためにも、遺言書の準備あるいは作成を促すことが大切です。また、遺言書に全財産を長男に譲ると書いてあっても、亡くなった人の子供や配偶者は法定相続人として遺留分があるため最低限の遺産を受ける権利がありますので、全財産が4000万円ならそのうち2000万円をほかの相続人でわけることができます。

たとえ、全て長男の手にわたってしまっても、遺留分滅殺請求権を行使すれば取りもどすことが可能です。

父親の事業をほとんど無休で手伝うなどして、父親の財産の形成に大きく貢献した場合にほかの兄弟よりも遺産を多くもらいたいという人もいます。

亡くなった人の財産形成や維持、増加に大きな貢献をした相続人に対して寄与分といって遺産分割の際に多くもらえる配慮があります。

たとえば、二人兄弟で母親もはやくに亡くなっていた場合、父の遺産が1000万円だったとすると、このうち500万円が長男の寄与分として認められれば残りの500万円を弟と分割することになるので、兄750万円、弟250万円の遺産相続となるのです。

重い認知症の父親を介護離職してまで自宅で10年間、介護してきた四女に対して付き添い看護婦の日当相当を基準として寄与分を算出した判例もあります。
ただし、親子には扶養の義務が夫婦には協力扶助義務があるので、今の法律では通常の介護はこの範囲としてみなされ、寄与分は発生しないというのが主流です。

そのため、長年、自分を介護してくれた人に遺産を多くもらいたいということなら、やはり遺言書に正式に指定相続分を指定してのこしておくことが必要になります。


また、寄与分の主張を相続人の一人が行った場合には、まずは話し合いをおこない、そこでスムーズにいかなかった場合には、遺産分割調停で額を決定します。

寄与分の主張ができるのは法定相続人のみに限られていますから、内縁の妻であったり、愛人の場合は故人にどんなに貢献しても認められることはないので注意が必要です。
自分が亡くなった後、残された財産の分割について親しい人たちの間で問題が起こる場合もあります。

そのため、亡くなった後のことを予想して今のうちにできる準備はしていく必要があるでしょう。

まずできることとしては、遺言をきちんと残すことです。
自分の財産を把握し、それをどのように引き継がせるのかを考えていきましょう。



特に分割に不平等が起こりがちなときは注意が必要です。
同居をしていたり、一緒に仕事をしている子供により多く引き継がせたいと思って特定の財産を引き継がせることにしても、その他の財産についての記載がない場合、他の子どもなどが権利主張するとそれについては引き継げなくなることもあります。


遺留分として他の相続人が請求できる部分についても考えておく必要があります。そういったことについて考えていないと、遺言を残していたとしても相続争いにつながってしまうこともあるのです。

どうすればトラブルを避けることが出来るのか、自分で考えていてもわからないことだらけでしょう。
本を読んでみても、理解することも難しいかもしれません。

遺言作成には様々なルールがあります。


そういった面からも専門家のアドバイスを受けておくことがおすすめです。


相続や分割協議で争う事のないように、できることは今のうちにしておくようにしましょう。

相続問題はとても複雑なのでよく分からないことが沢山あります。

またトラブルの元になってしまうこともあるので、この問題については弁護士等の専門家によく意見を聞いた方が良い場合もあります。
身内が亡くなった場合には、その亡くなった人が遺言書の中に遺産のことについて書いていればそれに従うことになります。


しかし亡くなった人が遺言書を遺していない場合か遺言書に遺産のことについて書いていない場合には、相続人間で遺産分割協議をして遺産の分割方法を決めることになります。

亡くなった人の遺産が金銭だけであれば法定相続分通りに分ければ良いのですが、不動産や有価証券等がある場合にはそれらを上手く分けなければならなくなるのでけっこう大変です。


そして話しが拗れてトラブルに発展してしまうこともあるのです。

家族間で遺産のことについて揉めるのはあまり良いことではないです。

ですから遺産のことに関してトラブルになったら弁護士等の法律の専門の人に仲介をしてもらうのが良いです。上手く遺産を分割することが出来れば事は全て終わるので、円満に解決するためにも妥協するところは妥協する必要があります。
家族間で話しが完全に拗れると後々まで尾を引いてしまい、最悪家族関係が完全に破綻してしまうこともあります。
そういったことにならないためにも、お互いに知恵を絞り合って上手く解決することが重要です。

そのために弁護士を利用するのはとても良い方法だと言えます。

人が亡くなりいざ相続となると、考えなければいけないことが多くあります。

まず遺産を受け取る人を特定します。


これを相続人と言い、配偶者は常にこの地位にあたります。

また配偶者は二分の一の遺産を受け取ることができます。
そして残りの遺産を亡くなった方に子供がいる場合は、子供の間で均等に分けます。

もし亡くなった方に子供がいない場合は、親が受け取り、親もいない場合は兄弟が受け取ります。

遺産相続の喜びの声を頂いています。

そして具体的に遺産を分割してきますが、ここで遺言状がある場合は遺言状の内容が優先されます。
ただし遺言状に具体的に書かれていない財産がある時は、遺産分割協議という話し合いを設けます。

また遺言状が残されていない場合は、遺産分割協議で相続人の話し合いによって遺産の行方を決定します。
ここでは例えばある相続人ひとりに遺産の不動産を譲ることも可能です。